〈ChatGPT〉俺はAI小説家になるPart2「凍る都市」

ChatGPT
スポンサーリンク

AIに小説を頼んでみた Part2

さあ、今日もバンバンAIで小説つくってみるよ・・・

なんですかね。。。。わくわく

「凍る都市」

東京が寒さで凍る物語作って

小説のタイトルは「凍る都市」とします。主人公の名前は、ジョンとします。ジョンは東京に住んでいる大学生です。彼は、都会での暮らしを楽しんでいますが、ある日、東京が急激に寒さに見舞われます。

ジョンは、寒さに苦しむ人々を見かけるようになります。彼は、暖房をつけても、寒さが根本的に解消されないことに気づきます。ジョンは、寒さが原因で、多くの人々が病気をしているのを見るようになります。

ジョンは、この寒さが何か原因があると思い、調査を始めます。彼は、気象データや気候変動に関する研究を読み、寒さが人間の活動によって引き起こされていることを発見します。

ジョンは、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素の排出を減らすために、自分自身のライフスタイルを改善することを決意します。彼は、公共交通機関を利用したり、エコバッグを使うようになったり、LED電球に変えたり、自分自身の小さな改善が、東京のこの寒さを取り除くきっかけになることを信じています。

ジョンの行動が周りにも影響を与え、多くの人々が環境保護に取り組むようになります。ジョンは、一人一人が小さな改善をすることで、大きな変化をもたらすことができることを証明します。

スポンサーリンク
ChatGPT
シェアする
Workfine

コメント

タイトルとURLをコピーしました